スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.05.31

福島県 田村市立船引小学校 5年2組

上山 容弘

夢先生
上山 容弘(トランポリン)

photo

福島県田村市立船引小学校5年2組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、トランポリンで北京オリンピック、ロンドンオリンピックに出場した上山容弘氏。
「ゲームの時間」では、上山さんが自己紹介で宙返りを披露。児童達から大きな歓声が上がりました。その後は児童達と一緒にゲームに挑戦。初めはうまくいかなかったゲームも、みんなで作戦を立てることによって次々に課題をクリアすることができました。「みんなで意見を合わせる」との大切さを学びました。
「トークの時間」」では、3歳でトランポリンを始めた上山さんが「オリンピック選手になる」という夢を持ち、叶えるまでの話をしてくれました。新しい技がうまくいかなかったこと、世界大会で失敗してしまったこと、オリンピック選考会で落選したこと。夢に向かっていく途中には、本当にたくさんの悔しい経験をしたけど、その悔しい気持ちが「本気」につながって夢を叶えることができたと話し、「自分は本気でトランポリンに向き合い、本気でトランポリンに打ち込んだ。夢を叶えるために大切なのは失敗してもあきらめずに「本気」で努力を続けること。続けることで、必ず夢に近づける。だからみんなも夢に向かって、何回失敗してもいいから、本気で向かっていってほしい」とメッセージを送りました。

photo

photo