スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.02.23

福島県 いわき市立勿来第三小学校 5年1組

伊藤 華英

夢先生
伊藤 華英(水泳)

photo

福島県いわき市立勿来第三小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、競泳元日本代表で2度のオリンピックに出場した伊藤華英さん。
「ゲームの時間」では、クラス11名が伊藤さんと協力してゲームを楽しみました。ウォーミングアップのゲームでは頭と体をフル回転で動かしながらゴールに向かいます。全員での協力が必要なゲームへと移ると、仲間の意見に静かに耳を傾けアイデアを共有していく児童たちの姿が印象的でした。
「トークの時間」では、伊藤さんが“オリンピック出場”という夢を見つけたきっかけ、叶えるために大切にした思いなどを語りました。夢がまだぼんやりしていた学生時代。「代表確実」と言われていたアテネオリンピック出場を逃し、大きな挫折を味わった伊藤さん。しかしこれをきっかけに夢がはっきりと見え、それまでにない大きな覚悟をもって4年間、不断の努力を続けたと言います。
「なにより“自分がどうしたいか、なりたいか”が大切で、その気持ちが大きな力になる」と伊藤さんは振り返り、「失敗しても1回であきらめず、前向きに、謙虚に夢に向かってほしい」と児童にメッセージを伝えました。

photo

photo