スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.02.24

茨城県 神栖市立須田小学校 5年2組

石野 枝里子

夢先生
石野 枝里子(スケート)

photo

茨城県神栖市立須田小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのはスピードスケート選手として2006年トリノ五輪に出場した石野枝里子さん。
「ゲームの時間」では石野さんもクラスの中に入り「石ちゃんチーム」としてゲームに挑戦しました。上手くいかない時には作戦タイムで話し合い、力を合わせて何度もチャレンジした子どもたち。「協力」の大切さを学びました。
「トークの時間」では石野さんがスピードスケート選手として挑戦を重ねてきた話を披露。中学生の時に大会に優勝した事がきっかけで「勝つ喜びを知った」という石野さんはオリンピック出場の夢を持ち、努力を重ねます。そして夢だったトリノ五輪に出場。4位という結果に「悔しかったので、もう一度目指すことを決めた」と次の五輪を目指します。2度目の五輪出場という夢は叶わなかった石野さん。「やらないで後悔するよりも、やって後悔しよう」と語り、挑戦する事の大切さを伝えました。

photo

photo