スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.01.28

福島県 いわき市立小名浜第三小学校 5年3組

大菅 小百合

夢先生
大菅 小百合(スピードスケート・自転車)

photo

福島県いわき市立小名浜第三小学校の5年3組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、スピードスケートと自転車競技で冬季2度、夏季1度の合わせて3度のオリンピックに出場した大菅小百合さん。
「ゲームの時間」では、児童達と大菅さんが1つのチームになりゲームに挑戦。初めはなかなかうまくいきませんでしたが、元気いっぱいに皆んなで意見交換をして作戦を立て最後は見事にクリアしました。
「トークの時間」では、3歳でスピードスケートを始め、そろばん、ピアノ、水泳や中学校ではソフトボールなど、様々なことにチャレンジしてきた大菅さん。長野五輪を見て「オリンピック選手になりたい」と夢を持ちました。その後は「人が休んでいる時はチャンス」と努力を重ね、ソルトレイクシティーオリンピックに出場し夢を叶えました。試合勘を養う為に始めた自転車競技でアテネオリンピック出場、2006年トリノオリンピックではスピードスケートで2回目のオリンピック出場し、夢を追いかけ続けました。そんな大菅さんの経験から「夢を叶える為には、迷ったらまずチャレンジすること。そしてやるからには楽しむと思う気持ちが大切。夢は変わってもいいと思うので、やりたいことなりたいと思ったことを続けて下さい」とメッセージを送りました。

photo

photo