スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

スポーツ笑顔の教室実施一覧
(PDFダウンロード)

2017年  

2016年  

2015年  

2014年  

2013年  

2012年  

2011年  

  • 2011_12
  • 2011_11
  • 2011_10
  • 2011_09

2015.12.17

茨城県 鹿嶋市立波野小学校 5年1組

銘苅 淳

夢先生
銘苅 淳(ハンドボール)

photo

茨城県鹿嶋市立波野小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、プロハンドボール選手でハンガリーリーグで活躍する銘苅淳選手。
「ゲームの時間」の冒頭、銘苅選手が児童たちを前にシュートを披露。そのスピード感と迫力に児童たちは圧倒された様子でした。
つづいて銘苅選手と児童たちが一緒のチームとなってゲームに挑戦しました。何度か失敗を重ね迎えた作戦タイム。初めは周りの様子をうかがいなかなかアイデアを出せなかった児童たちですが、銘苅選手の明るさとパワーを前に少しずつボルテージが上がっていきます。最後は全員が必死にチャレンジする姿が印象的だった「ゲームの時間」。銘苅選手は「うまくいくかいかないかを考える前に一生懸命取り組むのが努力」と児童たちの前向きな姿勢を称えました。
「トークの時間」では、銘苅選手が自身のハンドボール人生を振り返りながら「夢を持つことの大切さ」を伝えました。偶然出会ったハンドボールに魅せられ中学校、大学で日本一を経験した銘苅選手。しかし実業団チームで活躍することができず競技人生が終わりそうになった時、その後日本代表候補に入りながらも選出なれなかった時、大きな挫折を味わったと言います。
それでもハンドボールが好きで、「自分が正しいと思うこと、信じることをやりきろう」と思った銘苅選手は“自分ができる努力“を重ね、ついに日本代表に選ばれました。「たのしい!と思えることをがむしゃらにすることが大切」と話した銘苅選手。「その積み重ねがきっと、みんなを魅力的に輝かせるはず!」と児童に熱くメッセージを送りました。

photo