スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.12.18

青森県 八戸市立白山台小学校 5年3組

泉 浩

夢先生
泉 浩(柔道)

photo

青森県八戸市立白山台小学校5年3組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元柔道日本代表でアテネオリンピック銀メダリストの泉浩さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に泉さんが迫力ある投げ技を披露。児童たちは大きな歓声をあげていました。
その後は、泉さんと児童たちが一緒にゲームに挑戦。様々な作戦を立て、声を掛け合い、全員で作戦を実行し、クリアへ近づいていきました。
「トークの時間」では、柔道が大好きだったという泉さんの少年時代の話から始まりました。
地元・青森県で漁師の家庭に生まれ育った泉さんは、中学生の時に、「好きな柔道でどこまで強くなることができるか、やってみよう」という想いで単身上京することを決意したそうです。
慣れない環境、苦しい練習で心が折れそうになった時もありましたが、そのような時は必ず「仲間の支え」がありました。
泉さんは、「自分も高校3年生までは、夢というものはなく、目標に向かって頑張ることが精一杯だった。しかし、シドニーオリンピックで先輩が金メダルをとった光景を見たことで、そこから自分にも夢が出来た」という自身の経験から、「"夢は変わるかもしれない。でも、どんな時でも絶対に諦めないこと”・”仲間を大切にすること”・”支えてくれる人に感謝をすること”という3つを大切にして欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo