スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.12.18

千葉県 旭市立滝郷小学校 5年1組

高橋 良輔

夢先生
高橋 良輔(ボクシング)

photo

千葉県旭市立滝郷小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロボクサーの高橋良輔さん。
「ゲームの時間」が体育館で始まると、高橋さんがボクシンググローブをつけて軽快に登場し鋭いパンチを披露。児童たちは高橋さんの真剣なまなざしに釘付けになっていました。
つづいて児童と高橋さんが協力してゲームに挑戦。初めは静かに様子を見ていた児童たちも、ゲームが進むにつれ次第に声も大きくなっていきます。話し合いを重ねるたびに真剣な表情に変わり、ゴールした瞬間は児童たちに笑顔の輪が広がりました。
「トークの時間」では、高橋さんが夢を持つこと、それにむかって努力することの大切さを伝えました。「世界ヘビー級チャンピオンになる!」と20歳で夢を持った高橋さん。何度もチャレンジを重ねて26歳でプロボクサーになるも、それから数年は夢のチャンピオンにはなかなか近づけなかったと言います。あるとき「自分から動く積極性」に気づいた高橋さんは練習相手を求めて海外にまで足を運ぶなど努力を重ねました。その後4年間で10連勝を収め、33歳で東太平洋クルーザー級チャンピオンの座に上り詰めました。
「ヘビー級には手が届かなかったが、自分らしく努力した結果に誇りを持っている」と話した高橋さん。「みんなも夢に向かって自分らしくどんどんチャレンジをしてほしい」とエールを送りました。

photo

photo