スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.12.07

青森県 階上町立小舟渡小学校 56年1組

荒井 美帆

夢先生
荒井 美帆(シンクロナイズドスイミング)

photo

青森県階上町立小舟渡小学校5・6年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、シンクロナイズドスイミング元日本代表の、荒井美帆さん。
「ゲームの時間」では、荒井さんと児童が一緒にゲームに挑戦。アイディアを出し合い、作戦タイムを重ねて、試行錯誤しながらも、全員が全力で、笑顔で挑戦。抜群のチームワークで、見事ゲームをクリアしていました。
「トークの時間」では、シンクロナイズドスイミングのオリンピック選手がイルカと泳ぐ一枚の写真に魅せられた荒井さんが、強豪クラブへの移籍やオリンピック出場メンバーからの落選、そして再び一念発起しての代表復帰など、自身のシンクロ人生を振り返りながら、「辛い時、苦しい時には”考え方を変える”こと。自分のためにはもちろんだけれど、チームや仲間のことを考えて、周りの人のためにも頑張れるか。壁に当たった時は、考え方を変えて、諦めずに挑戦して欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo