スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2015.11.30

青森県 おいらせ町立木ノ下小学校 5年2組

泉 浩

夢先生
泉 浩(柔道)

photo

青森県おいらせ町立木ノ下小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。今回夢先生を務めたのは同じ青森県出身、柔道アテネ五輪銀メダリストの泉浩さん。
「ゲームの時間」では冒頭に投げ技を披露。その後は児童と一緒のチームでゲームに取り組みました。設定された時間とルールの中で、なかなかゲームをクリアする事の出来ない児童らは泉さんを中心に集まり作戦タイムを取ります。作戦タイムでは、ゲームをクリアする為に全員がアイデアを絞り出したものの、なかなか話がまとまりません。最後は泉さんが作戦を提案し、それを全員で実行した結果、クリアする事が出来ました。泉さんからは「作戦タイムでもっと他の人の意見を聞いておけば、もう少し早くクリア出来たよね。これから少し意識して欲しい」と伝えました。
後半の「トークの時間」では泉さんが柔道を始めてから世界大会で金メダルを獲得するまでの話を披露しました。中学校までなかなか思うような成績を残せず、父親からは柔道を辞めるように言われた時に泉さんを助けてくれたのは柔道部の仲間でした。その後、努力を続けていくと少しずつ結果が出るようになり自分の成長が実感出来るようになります。しかし、高校2年生の時に挑んだ全国大会決勝。これに勝てば優勝が決まるという大将戦にまさかの開始7秒で一本負けをしてしまいます。もう柔道を辞めようと大切な道着を捨ててしまった泉さん。それを拾ってもう一度やろうと言ってくれたのも仲間でした。そんな仲間に支えられて、夢を叶えることが出来たと語り「仲間を大切にして欲しい」というメッセージを伝えました。

photo

photo