スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2015.11.27

青森県 三沢市立三川目小学校 3-6年1組

奈良 秀明

夢先生
奈良 秀明(タッチラグビー)

photo

青森県三沢市立三川目小学校3~6年生の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。今回夢先生を務めたのはタッチラグビー日本代表の奈良秀明選手。
「ゲームの時間」では実際にタッチラグビーのボールを使ってデモンストレーションを披露。奈良選手が体育館の端からボールを投げると児童は大興奮。すっかり奈良選手のファンになっていました。その後は奈良選手も児童の中に入って全員でゲームに挑戦。チーム全員でゲームをクリアする為にはどうすればいいのか、作戦タイムでは奈良選手を中心にして学年関係なく色んなアイデアが出てきます。そして作戦をいざ実行してみると上手くいく事やなかなか上手くいかない事を発見。その中でどうすればもっと上手くいったのかを考えていました。
「トークの時間」では奈良選手が小学生の時に野球を始めてから、タッチラグビーに出会い、現在も現役選手として夢を追いかけている話を披露。大学1年生でタッチラグビーと出会った奈良選手。勧誘ポスターの「日本代表になろう」というフレーズを真に受け「一歩踏み出す」決心をしたと語りました。怪我や挫折があった時にも「一歩踏み出す」事で乗り越えてきた経験から「夢がある子も、まだこれから考えるという子も一歩踏み出して挑戦することが夢に近づく方法」とメッセージを残しました。
最後に児童からサプライズで伝統芸能「海鳴り太鼓」のプレゼントがあり、その力強い音に奈良選手は感動していました。

photo

photo