スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.11.13

宮城県 石巻市立二俣小学校 6年1組

櫛田 亮介

夢先生
櫛田 亮介(ハンドボール)

photo

宮城県石巻市立二俣小学校6年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロハンドボール選手の櫛田亮介氏。
「ゲームの時間」では、自己紹介で強烈なシュートを披露。その後は児童と一緒にゲームに挑戦。なかなか本気になれない児童達。時間がともに徐々に変わっていきました。児童達は、「本気になることの大切さ」をゲームを通して学びました。
「トークの時間」では、櫛田さんと児童がディスカッションをしながら、本気でハンドボールをやっていなかった時からその後どうして本気になったのか、大けがで苦しい時期をどうやって乗り越えられたのかなど、実体験をもとに話しました。
そして最後は、「本気は自分が決める。本気でチャレンジしたから失敗が次に繋がる。チャレンジしなければ失敗もない。全力でチャレンジすることが大切。それが経験となって夢に近づける。本気になれば自分が変わる。これだけはこれから忘れないでほしい。自分もこれから本気で夢に向かってチャレンジするからみんなも頑張ってほしい」とメッセージを送りました。

photo

photo