スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.11.09

福島県 川内村立川内小学校 46年1組

水井 妃佐子

夢先生
水井 妃佐子(バドミントン)

photo

福島県川内村立川内小学校の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元バドミントン選手でオリンピックに2度出場したことのある水井妃佐子さん。
「ゲームの時間」では、元気いっぱいの児童と一緒に全力で体を動かしました。
「トークの時間」では、水井さんが夢を持ちその夢を叶えるまでの話を披露しました。走ることが苦手だった学生時代に毎日トレーニングメニューに入っていたマラソンのエピソードでは、「はじめは完走するのことに必死で、順位は最下位だったけど、毎日あきらめずに続けることで、半年後にはチーム内で1位になっていた」と自身の経験の中でのポイントを話しました。
まとめの言葉で水井さんは「継続は力なり」「続けることで気が付くことがあるので、夢や目標に向かって頑張ってください」とメッセージを伝えました。

photo

photo