スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.10.30

茨城県 日立市立諏訪小学校 5年1組

藤本 貴久

夢先生
藤本 貴久(野球)

photo

茨城県日立市立諏訪小学校の5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロ野球選手の藤本貴久さん。
「ゲームの時間」では、藤本さんがバッティングを披露。力強い打球とその音に児童達からは大きな拍手と歓声が上がっていました。その後は児童達と藤本さんがチームになりゲームにチャレンジ。最初はうまくいかないゲームも何度も意見を出し合い、作戦を立て、最後は見事にクリアしました。
「トークの時間」では、小学4・5・6年生で兵庫県の柔道チャンピオンだった藤本さんがちょっとしたきっかけから甲子園球場でプロ野球の伝統の一戦を観戦。一度も野球をやったことなかったが「プロ野球選手になりたい」と夢を持ちました。だが怪我やトラブルに巻き込まれ野球が出来なくなった時に「出会い」がありました。そこで「野球をやりたい」と決意しプロ野球選手の夢を目指し再挑戦。その後は努力を重ね、甲子園に出場してプロ野球選手の夢を叶えました。藤本さんからは「落ち込んで時があっても夢を持っていれば頑張れる。夢への気持ちが強いほど夢に近づける。でも独りで乗り越えることは難しい。家族、友達、先生などの周りの人に支えられてきたので、1日1回ありがとうと感謝の気持ちを持って夢に向かって下さい。」とメッセージを送りました。

photo

photo