スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.10.30

岩手県 久慈市立久慈小学校 5年3組

桧野 真奈美

夢先生
桧野 真奈美(ボブスレー)

photo

岩手県久慈市立久慈小学校5年3組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのはボブスレー日本代表としてバンクーバー五輪に出場した桧野真奈美さん。
前半の「ゲームの時間」は桧野さんもクラスの中に入って様々なゲームに挑戦。上手くいかない時には作戦タイムで話し合い再挑戦しました。しかし、なかなか作戦を実行出来ない子どもたち。途中諦めそうにもなりましたが、クラス全員で成功するという事にこだわった結果、最後は力を合わせて見事成功。桧野さんは子どもたちに「失敗は決しては悪いことじゃない。最後に人の話をちゃんと聞いて、実行できたことが良かった」と伝えました。
「トークの時間」では桧野さんが小学生の時から、バンクーバー五輪に出場するまでの話を披露。小学校ではスピードスケート、中学生では陸上、大学からボブスレーと各年代で様々なスポーツに打ち込んできた桧野さん。怪我に悩まされていた日々を振り返りながら「今出来る努力は何だろう?」と考え、努力を積み重ねていったと話しました。病院の先生からもらった「悩んだり、苦しんだりすることは自分が強くなれる証拠」という言葉に勇気をもらって「自分に負けない!絶対に諦めるか!」と挑戦してきた事で、五輪に近づいていったと語り、挑戦し続ける事の大切さを伝えました。

photo

photo