スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2015.10.21

宮城県 利府町立利府小学校 5年1組

池田 渉

夢先生
池田 渉(ラグビー)

photo

宮城県利府町立利府小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、ラグビー元日本代表の池田渉さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に池田さんがラグビーボールを使って、体育館の端から端まで届く、正確なパスを披露。
体育の授業でタグラグビーに挑戦しているという児童たちは、その飛距離と正確性に驚いていました。
その後は、児童たちがゲームに挑戦。どのようにしたらクリアできるか、話し合いを重ねて、全員でゴールを目指しました。
「トークの時間」では、ラグビーをしていたいとこのお兄さんに憧れて、「自分も高校生になったらラグビーをしたい」という夢を持ったという、池田さんの小学生時代の話から始まりました。
高校に進学し、念願のラグビー部に入部しましたが、最初は厳しい練習に不安もあったそうです。しかし、「努力の習慣」を続けることで、高校・大学・そして社会人になってからも、怪我や代表落選など、苦しい時期を乗り越えることができたという池田さん。
地元・宮城県出身で、東日本大震災の時には「ラグビーをやっている場合なのかな?」という迷いもあったそうです。しかし、仲間や家族に支えられ、「100試合出場達成」という大きな目標を成し遂げることができたという自身の経験から、「自分で決めたことに一歩踏み出す勇気を持って、そのチャレンジを継続して欲しい。継続した先には、きっと夢を掴んだ、明るい未来が待っているはず。」とメッセージを送りました。

photo

photo