スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

川口 寛人先生のレポート

一覧へ

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2015.10.16

茨城県 日立市立大久保小学校 5年1組

川口 寛人

夢先生
川口 寛人(野球)

photo

茨城県日立市立大久保小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
今回夢先生を務めたのは、元プロ野球選手の川口寛人さん。
「ゲームの時間」冒頭、グローブ片手に川口さんが体育館に登場し、児童とキャッチボールを楽しみました。つづいて児童と川口さんが一つのチームとなって、全力でゲームに挑戦しました。積極的に意見を述べ合ったり、励ます声をかけあったりしながら前に進んでいく児童たち。最後まで集中力を切らさずゴールした瞬間は、体育館に笑顔があふれました。
「トークの時間」は、川口さんが読売ジャイアンツに指名され夢のプロ野球選手になるまでの軌跡が語られました。双子の弟・隼人さんとともに、小さい頃から野球の道を進んできた川口さん。同じ境遇で育ったライバルと比較され悔しい思いをしたこともありましたが、一方でライバルがいることでたくさんのことに気付き努力を重ねられたと言います。
「比べられることがイヤな時もあった」と振り返りつつ、「ただ悪いことばかりではない。比べられることは自分を見つめなおすチャンス。自分を育ててくれるライバルを持とう。」と児童にメッセージを送りました。

photo

photo