スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.09.30

茨城県 日立市立日高小学校 5年1組

石川 直生

夢先生
石川 直生(キックボクシング)

photo

茨城県日立市立日高小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロキックボクサーの石川直生さん。
「ゲームの時間」では、まず石川さんがデモンストレーションとして自慢のキックを披露。本気のキックを目の当たりにした児童達からは歓声が上がりました。その後は石川さんと児童がチームになり一緒にゲームに挑戦。失敗を重ねる度に作戦を立て、あきらめずに互いに協力する心を持って最後は見事にクリアしました。
「トークの時間」では、野球少年だった石川さんが、好きだった格闘技観戦から「自分も格闘技をやりたい」と思い格闘技を始めたところから、チャンピオンになるまでの壁(ピンチ)が訪れた時にどのように乗り越えたかを中心に様々なエピソードを話してくれました。その中で「どんな夢でも越えなければいけない壁(ピンチ)がある。壁(ピンチ)から逃げないでほしい。そういう時は乗り越える為に、勉強や練習をたくさんしてほしい。ピンチは夢に近づくチャンスだと思ってほしい。」とメッセージを送りました。

photo

photo