スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.08.20

岩手県 宮古市立高浜小学校 6年1組

森上 亜希子

夢先生
森上 亜希子(テニス)

photo

岩手県宮古市立高浜小学校6年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロテニスプレーヤーの森上亜希子さん。
「ゲームの時間」では、森上さんと児童たちが一緒に様々なゲームに挑戦しました。うまくいかない時はみんなで意見を出し合い作戦会議。みんなで考えたことでゲームをクリアすることができ、児童達は協力することの大切さを学びました。
「トークの時間」では、森上さんが7歳でテニスを始めてから夢に向かっていく途中には様々な辛いことがあったことを話しました。辛い出来事でテニスをやめたくなったことや、アメリカで寂しい思いをしていたことなどあったが、友達の存在のおかげで頑張り続けることができたと話し、「夢に向かって頑張っていく途中には、いいことばかりではなく、大変な時もあると思う。でもあきらめないで頑張り続けてほしい。私は友達のおかげで乗り越えることができた。みんなも友達を大切にして、友達の夢も応援してあげよう」とメッセージを送りました。

photo

photo