スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.06.16

福島県 いわき市立錦東小学校 5年1組

石田 太志

夢先生
石田 太志(フットバッグ)

photo

福島県いわき市立錦東小学校5年生の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、プロフットバッグプレイヤーで、現役世界チャンピオンの石田太志選手。
「ゲームの時間」の冒頭には、全校児童の前で石田さんが世界一のフットバッグの技を披露。児童たちはその技に驚きの声をあげていました。
その後は石田さんと児童たちがゲームに挑戦。お互いに声を掛け合いながら、最後まで諦めずにゴールへ向かっていました。
「トークの時間」では、石田さんがプロサッカー選手を目指してボールを追いかけていた学生時代のエピソードや、大学に入学して出会ったフットバッグが大好きになり、「これを仕事にしたい」と思い、海外でのフットバッグの武者修行や語学の勉強を続けていったことで、世界でただ一人の「プロフットバッグプレイヤー」になり、現在も夢を追いかけているという自身の経験から、「好きなことや、自分がやってみたい!と思うことなど、その楽しいと感じる気持ちを大切にして欲しい。そして、夢を追いかける中で、落ち込むことや、夢が変わってもいい。それらを恐れずに、勇気を出して"挑戦"すること。そして、挑戦が一日で終わってしまったら意味がない。その挑戦を"継続"することを大切にして欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo