スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.06.11

宮城県 仙台市立中野栄小学校 5年3組

岩城 ハルミ

夢先生
岩城 ハルミ(バドミントン)

photo

前日の5年1組・2組に引き続き、宮城県仙台市立中野栄小学校5年3組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、バドミントン元日本代表で、バルセロナオリンピックへの出場経験を持つ、岩城ハルミさん。
「ゲームの時間」では、岩城さんと児童が一緒になってゲームに挑戦。お互いに声を掛け合ったり、アイディアを出し合いながら、全員で協力してクリアを目指しました。
「トークの時間」では、小学6年生でバドミントンに出会った岩城さんが、厳しい練習や怪我を乗り越えて、オリンピックに出場した経験から、「自分の周りには、監督・コーチ・仲間・家族・応援してくれる人など、たくさんの人がいることに、怪我をしてから気付いた。だからこそ、一度は怪我をして外れてしまい、もう無理だと言われた日本代表に戻りたいという気持ちが強くなった。この周りの人たちへの感謝の気持ちを持って、時には我慢をし、諦めずに続けることで夢を叶えることができた」と語り、「諦めずに我慢して続けること、夢を叶えるために人よりも"少し"努力をすること、そして食事をしっかりとって健康な体をつくり、夢へ向かって行って欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo