スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.02.27

宮城県 亘理町立高屋小学校 5年1組

安永 聡太郎

夢先生
安永 聡太郎(サッカー)

photo

宮城県亘理町立高屋小学校5年1組、6年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元Jリーガーの安永聡太郎さん。
「遊びの時間」では、デモンストレーションでリフティングやキックを披露しました。その後のゲームでは、体を動かすだけでなく、「どう協力したらゲームをクリアできるのか」を考えながらゲームにチャレンジしました。
遊びの時間のまとめで安永さんは、「この時間みんなが各々で工夫していたように、協力には色々な形があるし、色々なやり方があります。このゲームだけではなく、これからも色々な形で協力していってください」と一緒に体を動かした中での感想を伝えました。
「対話の時間」では、安永さんが夢を持つきっかけになった話や、夢に向かう中での話を披露。サッカーが大好きになった小学5年生からは、放課後にサッカーをする時間がたくさん確保できるように、休み時間中に宿題を終わらせられるように工夫したエピソードも披露。また夢を持ったきっかけやタイミングについて、安永さんの場合は大好きなことの延長線上に夢が出来たことを児童に伝えました。
対話の時間のまとめでは、これから夢や目標に進む児童達に向けて「頑張っていれば必ず夢はかなうとは言えないけど、自分の可能性を信じて、その時その時の自分に出来る事を一生懸命に頑張っていってください。1回努力するのは誰でも出来きます、努力を続けることが難しいので努力が続く工夫をしていってください」とメッセージを送りました。

photo

photo