スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.02.24

宮城県 名取市立館腰小学校 5年1組

江口 晃生

夢先生
江口 晃生(ボートレース)

photo

宮城県名取市立館腰小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、ボートレーサーの江口晃生選手。
「遊びの時間」では、江口さんと児童達がみんなで話し合い協力することによってゲームを次々とクリア。みんなで一生懸命取り組み目標を達成する喜びを学びました。
「対話の時間」では、江口さんが現在のボートレーサーになるまでを話してくれました。プロ野球を目指していた江口さんでしたが、体が小さくなかなか夢に近づけませんでした。それでも頑張り続けたことで得た自信は武器になりました。体が小さいことが有利なボートレーサーとして今活躍しているのは挑戦したからこそと話し、「成功の反対は失敗ではなく何もしないこと。失敗は成功のために大切な経験になる。だからみんなも夢や目標に向かって失敗を恐れずに挑んで、たくさんの経験を手に入れよう。これから『恐れるな挑め』」という言葉を胸に夢に向かって頑張ってほしい」とメッセージを伝えました。

photo

photo