スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.02.17

茨城県 東海村立村松小学校 5年2組

井野 亜季子

夢先生
井野 亜季子(バレーボール)

photo

茨城県東海村立村松小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。夢先生を務めたのは、全日本女子バレーボールでリベロとして活躍した井野亜季子さん。
井野さんは夢に向かっていく中で、多くの失敗をしても一歩踏み出す勇気が自分に多くの宝物をくれたという話を児童に語りました。中学を卒業後、日本一を目指し地元を離れ山口県の高校に進学。高校のバレーボール部の練習は何時に終わるか分からないほどきつく、親には年に3回しか会えず、電話も1週間に5分しか話すことを許されないという厳しい環境でした。しんどくてツラくて地元に帰りたくなり、その気持ちを思い切って仲間に打ち明けると仲間も同じ気持ちでいることが分かり、そこから仲間と一緒に頑張って行くことができました。高校で日本一になることはできませんでしたが、仲間と一緒に頑張った時間は宝物となり、卒業後は夢だったバレーボール選手になることができました。児童には「失敗しながらも進んでこれたのは勇気を出して一歩踏み出せたからです。みんなは夢に向かっている途中だと思います。みんなにも勇気を持って一歩踏み出していってほしい」とメッセージを伝えました。

photo

photo