スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.02.12

茨城県 北茨城市立石岡小学校 5・6年1組

川上 直子

夢先生
川上 直子(サッカー)

photo

茨城県北茨城市立石岡小学校5・6年生の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元なでしこジャパンの川上直子さん。
「遊びの時間」では、児童たちはゲームに挑戦。川上さんと対決をしたり、一緒にクリアするための作戦を立てたりしながら、最後まで諦めずにチャレンジしていました。
「対話の時間」では、川上さんは「夢に向かって本気で頑張っていれば、必ず”試練”にぶつかる。この試練は苦しいものだし、いつぶつかるかわからない。自分が怪我をしてしまった時、自分が一番辛いと思っていた。けれど、そこから努力をして夢だった日本代表のユニフォームを着ることができた。
でも、今の宝物は日本代表のユニフォームではなく、自分に与えられた試練を乗り越えて夢を叶えられたことと、頑張ることができて強くなったという自信。だから皆も、夢を叶えている自分を想像して、試練に向かって行って欲しい。得意なこと・好きなことを伸ばすこと、夢を叶えた自分を想像することが夢への第一歩」とメッセージを伝えました。

photo

photo