スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2015.01.30

岩手県 久慈市立久慈小学校 5年2組

源 純夏

夢先生
源 純夏(水泳)

photo

岩手県久慈市立久慈小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。夢先生を務めたのは、アトランタとシドニーオリンピック出場、シドニーオリンピックでは、メドレーリレーで銅メダルを獲得した源純夏さん。源さんはオリンピックに出たいという夢を持っていた話を披露。高校2年生のとき、ついに夢だったアトランタオリンピックに出場したものの、結果は惨敗してしまいました。その後、日本に帰ってきて練習をしようとしても惨敗のショックから立ち直れず、プールに入っても泳ぐことができませんでした。するとコーチや仲間、家族たちが声を掛けてくれたり、支えてくれたりして、もう一度挑戦したいと思うようになり、次のシドニーオリンピックにも出場し、リレーで銅メダルを獲得しました。児童には「できないことは悪いことじゃない。だれにでもある。そのとき、あきらめない気持ち、挑戦する気持ちを持って一生懸命頑張ることが大切。みんなには頑張れる人、頑張っている人を応援できる人になってほしい」とメッセージを伝えました。

photo

photo