スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2014.12.19

茨城県 高萩市立松岡小学校 5年1組

佐藤 久佳

夢先生
佐藤 久佳(水泳水泳)

photo

茨城県高萩市立松岡小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、北京オリンピック競泳男子メドレーリレーで銅メダルを獲得した経験を持つ、佐藤久佳さん。
「遊びの時間」では、佐藤さんと児童が一緒になってゲームに挑戦。最初はなかなかうまくいきませんでしたが、どのようにしたらいいかアイディアを出し合い、作戦を立ててクリアを目指しました。
「対話の時間」では、小学5年で初めて出場した全国大会で水泳の楽しさを感じたこと、中学1年の時の全国大会で2位になったが1位と7秒もの差をつけられてしまったことから「中学生の間に絶対勝ちたい」という目標ができたこと、北海道の家族の元を離れて東京の高校に進学したが、慣れない環境や厳しい練習に耐えられず、周りの人に黙って家族の元へ帰ってしまったが、そこからもう一度復活することができ、そして「オリンピックに出場したい」という夢ができ、その夢に向かって水泳を続けることができたという自身の経験から、「自分は、”自分のため”だけでは甘えてしまう時があるが、”人のため”なら頑張れた。そして、夢があったからこそ辛い時・落ち込んだ時もそこに向かって頑張ることができた。
夢を持つこと、そして自分が好きなこと・やりたいことをサポートしてくれる家族・先生・友人たちに対する感謝の気持ちを忘れずに、夢へ向かって欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo