スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

霜村 誠一先生のレポート

一覧へ

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

スポーツ笑顔の教室実施一覧
(PDFダウンロード)

2017年  

2016年  

2015年  

2014年  

2013年  

2012年  

2011年  

  • 2011_12
  • 2011_11
  • 2011_10
  • 2011_09

2014.11.20

宮城県 気仙沼市立小原木小学校 56年1組

霜村 誠一

夢先生
霜村 誠一(ラグビーラグビー)

photo

宮城県 気仙沼市立小原木小学校5・6年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、ラグビートップリーグのパナソニックワイルドナイツ所属の霜村誠一選手。
「遊びの時間」では、霜村さんと児童が力比べ。現役ラグビー選手のパワーに児童は驚きの声をあげました。続いて、霜田さんと児童がチームになってゲームの課題に挑戦。上手くいかないときはみんなで作戦を立てて、一致団結して再挑戦。見事に課題を達成して笑顔がはじけました。
「対話の時間」では、ぬいぐるみをラグビーボールに持ち替えた霜田さんがラグビーに挑戦し続けている話を様々なエピソードを交えて話してくれ、児童は真剣に聞いていました。そして霜村さんから児童に「夢に挑戦する中で、仲間の大切さ、感謝の気持ちなどいろいろ学んだり、経験することができた。壁にぶつかった時にどうするかは自分次第。自分が成長できるチャンスだと思って諦めないで挑戦してもらいたい」とメッセージを伝えました。

photo

photo