スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2014.09.30

福島県 いわき市立小川小学校 5年1組

飯沼 誠司

夢先生
飯沼 誠司(ライフセーバー)

photo

福島県 いわき市立小川小学校5年生の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのはライフセービングの飯沼誠司さん。
「遊びの時間」では自己紹介の際に、ボールをフラッグに見立てて飯沼さんと児童が全力でビーチフラッグス対決。その後、飯沼さんと児童が協力してゲームの課題に挑戦。失敗しても作戦を立てて何度もチャレンジして見事に成功しました。
「対話の時間」では、小学生の時に水泳とサッカーの選択に悩んだ話や、小学生の頃から、毎日10000m泳いでいた話を披露してくれました。そして飯沼さんから児童に「自分は好きな水泳、そしてその先にある夢を追いかけてきた。夢は必ず達成できるとは限らない。でも夢は大きければ大きいほど自分にプレッシャーがかかり、自分の強さに変わる。そうやって続けてきたことは自分の武器になる」とメッセージを伝えました。

photo