スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2014.09.24

福島県 南相馬市立高平小学校 5年1組

櫛田 亮介

夢先生
櫛田 亮介(ハンドボール)

photo

福島県南相馬市立高平小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは現役ハンドボール選手の櫛田亮介氏。
「遊びの時間」では、自己紹介で強烈なシュートを披露。その迫力に児童はみんな目を輝かせていました。その後のゲームでは、失敗してもあきらめずに話し合い櫛田さんと児童の協力により見事課題をクリア。
「対話の時間」では、適当にハンドボールをやっていた頃の話や、同じポジションにストックランというすごい選手がいて試合に出られなかった時の話など、自身のうまくいかなかった時のエピソードをもとに、「みんなだったらこういう時どうする?」となぜ乗り越えられたのかを児童と一緒に考えながら授業を進めていきました。また、発表の時間では児童の提案で全員が自分の夢を黒板に書きました。櫛田さんと児童みんなで作った素晴らしい時間になりました。
そして最後は児童に、「本気は人それぞれ違うけど、自分が本気になることが一番大切。そしてあきらめないことが大切。自分もこれからも頑張るからみんなも何事も本気で頑張ってほしい。」とメッセージを伝えました。

photo

photo