スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2014.08.29

岩手県 釜石市立釜石小学校 5年1組

石川 安彦

夢先生
石川 安彦(ラグビー)

photo

前日の青森県八戸市に引き続き、岩手県釜石市立釜石小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロラグビー選手で現役時代は東芝ブレイブルーパスやパナソニックワイルドナイツ、釜石シーウェイブスで、またイングランドでもプレーをした経験を持つ石川安彦さん。
「遊びの時間」では、石川さんと児童が協力してゲームに挑戦。皆で決めた作戦を実行し、声を掛け合いながらゴールを目指しました。
「対話の時間」では、小学6年の時にラグビー早明戦を見て「ラグビーがしたい」と思ったが、進学した中学や地域にはラグビーができる環境がなかったこと、それでも高校でラグビーを始めるために毎日5kmのランニングを欠かさなかったこと、またラグビーを始めてからも怪我で試合に出られず、ラグビーに対して前向きになれない時もあったというエピソードから、「もう夢がある人もない人も、毎日何かを続けること。それが夢に直接関係ないことのように思えても、まずは続けてみること。そして、目の前のことを一生懸命やっていくことで、きっと夢に一歩近づくきっかけになる」とメッセージを伝えました。

photo

photo