スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2014.07.18

岩手県 久慈市立長内小学校 5年2組

阪本 章史

夢先生
阪本 章史(BMX)

photo

岩手県 久慈市立長内小学校5年2組の児童を対象「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、BMX(自転車)の阪本章史選手。
「遊びの時間」では、自己紹介でBMXの迫力あるジャンプを披露し、児童は大喜び。その後阪本さんと児童は作戦を立てながらゲームの課題に何度も挑戦しました。
「対話の時間」では、阪本さんが13歳の時に自信を持って臨んだ世界選手権。そこで惨敗しながらもアメリカでBMXのトッププロになるという夢を見つけました。英語も上手く話せないままアメリカに渡ったエピソードも披露。そして阪本さんから「BMXは個人競技だけれども、1人ではなかなか夢に挑戦できない。自分は多くの人の応援に支えられたから夢に挑戦できたと仲間に感謝している。だから自分も夢に挑戦する人を応援していきたい。みんなも自分の夢を追いかけながら、仲間の夢も応援できる人になってもらいたい」と児童にメッセージを送りました。

photo

photo