スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2014.01.31

福島県 いわき市立勿来第三小学校 56年1組

MASA

夢先生
MASA(ダブルダッチ)

photo

福島県いわき市立勿来第三小学校5・6年生の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を行いました。
夢先生を務めたのはダブルダッチチーム CAPLIOREのMASAさん。
MASAさんは、「小学生や中学生の頃は夢がないまま、なんとなく野球やバスケをしていた。その時は、自分が上手くなれば良い、自分が活躍すれば良いと思っていたけれど、そうしたらチームの和が乱れて、試合に出ることができなくなってしまった。しかし、大学生の時にダブルダッチに出会い、”ダブルダッチで世界一になる”という夢ができた。日本一になった後に出場した世界大会で全く結果が出なかったり、1日12時間もの練習で嫌になったりした時もあったけれど、仲間と協力して、世界一になる夢、スピード1分間の記録でギネス記録を達成することもできた」という自身の経験を交えながら、「夢には大小はないし、何個あっても良い。遠い将来の事じゃなくても、明日の事でも良い。そんな夢を見つけて欲しいし、夢を叶える近道は仲間の夢を応援して、自分の夢も応援してもらうこと」とメッセージを伝えました。

photo

photo